/アントニオ・コンテ:正直なところ、未来のことはあまり考えたくない

アントニオ・コンテ:正直なところ、未来のことはあまり考えたくない

トッテナム・ホットスパーの監督は、補強資金の確約があったからノースロンドンにやってきたとの憶測を否定した。

アントニオ・コンテは、トッテナム・ホットスパーに加入したのは、クラブが移籍市場で何をするかという約束をさせられたからだという主張を退けました。

夏に、レアル・マドリードとマンチェスター・ユナイテッドは、このイタリア人指揮官が高額の補強資金を要求したことによって敬遠したと報道され、11月にスパーズがコンテを招聘したとき、彼はノースロンドンのクラブのダニエル・レヴィ会長とフットボール部門のマネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチが補強資金を約束したに違いないと多くの人によって推測された。

しかし、コンテはその説に反論し、クラブそのものが十分に魅力的だった語っている。

「私がトッテナムと契約したのは、正直なところ、会長やジェネラル・ディレクターと移籍マーケットやクラブの補強資金について何か話したからではないんだよ」

「トッテナムは、私が働くのに最適な場所であり、私のフットボールに対する考えを伝え、このクラブにとって重要なものを作り上げることができると感じたから、私は契約したんだよ」

「トッテナムは、私のサッカー観や、このクラブにとって重要なものを生み出そうとしている。そして今、私たちはチームを重要なレベルまで向上させるために努力しなければならないのです。

「確かに彼らは『我々は向上したいので、あなたと一緒に働きたい』と言ってくれたんだ。そして今、我々はチームを重要なレベルまで向上させるために努力しなければならないんだよ」

「ギャップは小さくないので、非常に難しいだろうとは思うが、我々の野心とチームのこの瞬間の現実を一致させる必要がある」