/アントニオ・コンテがトッテナムの選手たちに教えていることをルーカス・モウラが語る

アントニオ・コンテがトッテナムの選手たちに教えていることをルーカス・モウラが語る

ルーカス・モウラがアントニオ・コンテのもとでのトッテナムでの生活について語ってくれた。

アントニオ・コンテは、確かに就任から3週間でトッテナムの選手たちに好印象を与えている。

月初めにヌーノ・エスピリト・サントが退団し、その24時間後に新ヘッドコーチに就任したコンテは、就任初戦のフィテッセ戦でスパーズを欧州での重要な勝利に導いた。

インターナショナル・ブレーク前のエバートン戦を0-0で引き分けた後のこの2週間、コンテとスパーズのコーチング・スタッフがホットスパー・ウェイで指導できる選手は限られており、多くの選手がワールドカップ予選のために世界各地に飛び立っていった。

代表戦の招集を受けずにホットスパー・ウェイに残った選手の一人であるルーカスは、52歳の指揮官のもとでのこれまでの生活について語っている。

ルーカスは、リーズ・ユナイテッド戦のマッチデー・プログラムで次のように語っている。

「アントニオと過ごした最初の2週間は、とても良いものだったよ。僕ら選手は皆が彼のもとで働けることにエキサイトしていた。彼は勝者であり、ここ数年で最も偉大なコーチの一人であり、もちろん僕らは働く準備ができているからね」

「もちろん、監督が辞めるのはいつも辛くて悲しいことだ。選手としては、自分たちのせいでもあるので、とても残念だった。物事はうまくいかなかったけど、フットボールとはそういうものだとわかっているので、前を向いていかなければならないんだ。今、僕らは新しい監督を迎え、たくさんの試合をしなければならない。早くメンタリティを切り変えなければならないんだ。新しい哲学に適応するのは僕ら自身であり、ハードワークしてベストを尽くすのは僕ら次第なんだよ」

「アントニオは勝者であり、フットボールに対する情熱を持っていて、僕らにもそれを感じてほしいと思っているんだ。彼はフットボールを愛し、ピッチの上で僕らと過ごすことを愛し、試合について話し始める彼が興奮しているのがわかるほどだ。彼はフットボールに情熱を持っていて、だからこそ勝者なんだよ。確かに、僕らが戦う姿勢に関わるような愚かなミスをすれば、彼はとても怒るだろうね」

「情熱や正しい姿勢がなければ、あるいは高い位置からのプレスができなければ、あるいは十分に強いプレスができなければ、あるいは十分にアグレッシブでなければ……そういうことなんだよ。すべてのトレーニング・セッション、すべての試合で、常に100%の力を発揮するということだ。今、僕らにとって新しい時間が流れん始めたんだ。これから一緒にとても良いメンタリティを築き、大きな目標を目指して戦っていけると確信しているよ!」