/アントニオ・コンテがトッテナムとの交渉が決裂した理由を明かす

アントニオ・コンテがトッテナムとの交渉が決裂した理由を明かす

アントニオ・コンテは、トッテナム・ホットスパー・スタジアムでジョゼ・モウリーニョの後任としての監督就任に向けた交渉が破談してから初めて、この仕事を引き受けなかった理由を明かした。

元チェルシーのアントニオ・コンテは、トッテナム・ホットスパーのオファーが彼をノースロンドンでの仕事から遠ざけたことを示唆した。

アントニオ・コンテは、インテル・ミラノを退団してわずか1週間後に、ジョゼ・モウリーニョの後任として職務に就くべくスパーズと交渉を行い、一時はそのまま監督になり、プレミアリーグに復帰する運命にあるように見えた。

スパーズは、コンテと交渉していた。交渉は順調に進み、スパーズは2ヶ月間の次期監督探しは終焉し、彼を獲得したことを確信していた。しかし、交渉は土壇場で決裂し、ダニエル・レヴィ会長はモウリーニョの後継者探しで振り出しに戻さざるを得なくなってしまった。

コンテは、高額な補強費の確約がなければ就任できないという理由で、就任交渉から手を引いていたと言われていた。

しかし、今回、コンテは金銭的な理由で就任を断念したのではなく、ノースロンドンのチームから提示された提案やプロジェクトの内容が、就任を断念する決定打になったことを明かした。

コンテは、「Gazzetta dello Sport」の取材に対し、次のように語っている。

「お金の面でのこだわりではないよ。私はプロジェクトを見て、もしそれが私を納得させられるものでなければ、家に留まるつもりなんだ」

「難しいチャレンジは好きだが、納得できないクラブがあれば、『ノー、サンキュー』と言いたい」

多くのスパーズファンにとって、コンテは、スタンフォード・ブリッジでのキャリアを含め、すでに多くの成功を収めていることから、クラブの新しいヘッドコーチになるのに理想的な選択と見られていた。