/望まぬ選手交代によってアントニオ・コンテがソン・フンミンを不機嫌にした理由

望まぬ選手交代によってアントニオ・コンテがソン・フンミンを不機嫌にした理由

「報道では『トッテナムがコンテをクレイジーにさせるのに2ヶ月しかかからなかった』と書いてあったよ。私は自分がクレイジーだったことをよく分かっている。監督には戦略があり、その戦略とは『棒かニンジン(『アメとムチ』の意味)』かだ。当時は、すべての環境がゲキを必要としていた。選手やその状況について何か悪いことを言う前に、最初に責任を取るのは監督なのだからね」

「まず監督が責任を取らなければならない。当時は、状況を変えようと強く出ることが正しいと思っていた。当時、私の考えでは、シーズンの最後の2試合でトッテナムがチャンピオンズリーグ出場権を争っていられるとは誰も思っていなかった。実際のところ、今はその争いをしているわけで、そのゲキから大きく進歩したんだよ。また、全員が責任を負わなければならない時もある。監督を筆頭に、選手、クラブ、そしてトッテナムの全従業員がね。チームが勝つのも負けるのもみんな一緒に取り組んでいるのだからね」