/アントニオ・コンテ:トッテナムでのこの途上の建設プロジェクトを楽しみたい

アントニオ・コンテ:トッテナムでのこの途上の建設プロジェクトを楽しみたい

トッテナム・ホットスパーの監督は、イタリアのメディアに向けてのインタビューで、ノースロンドンのクラブにおいて自身がどのように働き、何をもたらすのかについて深く掘り下げた。

アントニオ・コンテは、成功を収めるためにはクラブに多額の投資が必要だという主張を否定し、ファビオ・パラティチとの関係について明かし、いつかトッテナムをより良い状態にして去ることができると信じている。

エバートンに引き分け、リーズとフィテッセに勝利し、木曜日の夜にスロベニアでNSムラに恥ずかしい敗北を喫するなど、これまでにスパーズの良い面、悪い面、醜い面を見せた。

コンテはリーズ戦の前のインターナショナル・ブレーク中にイタリアのLa Gazzetta dello Sport紙と様々なトピックでのインタビューを行い、それが今週末に公開され、トッテナムが彼に何を期待しているのか、何をもたらすことを期待しているのかを如実に語っている。

アントニオ・コンテは、最近、ロンドン中心部に引っ越したとのことだが、インタビュー当時、スパーズのトレーニング施設であるホットスパー・ウェイの宿泊施設ザ・ロッジに滞在しており、自身の日常生活についても詳しく語っている。

早朝に起床し、9時前に仕事を始め、ミーティング、戦術分析、ビデオを用いた研究、午前中のトレーニング、さらにもう一度のトレーニング・セッション、ジム・ワーク、さらにミーティング、試合の準備を経て、夜9時頃に仕事を終了するという日課だ。

イタリア紙のインタビューでコンテは語る。

「こんなトレーニングセンターは見たことがないよ」

「周りを見渡しても、端っこがないんだ。多くの人は、このような環境の中で仕事をすることがどれほどの違いを生むのかを理解していないんだよ」

「次の試合は日曜に組まれていて、ミッドウィークに勝利したんだが、10億ポンド以上かけて作られたこのスタジアムはもっとすごくて、ファン(の応援)が(選手に)翼を与えてくれるんだよ」

「トッテナムにはワールドクラスのクラブ環境がある。チームはそれに見合うものでなければならないんだ。今現在、クラブが行った投資と競技での結果の間にはギャップがある。我々はそれを埋めなければならないね」