/ハリー・ケインを温存できないアントニオ・コンテは冬の移籍の方針についてのダニエル・レヴィとの話し合いを明かす

ハリー・ケインを温存できないアントニオ・コンテは冬の移籍の方針についてのダニエル・レヴィとの話し合いを明かす

トッテナム・ホットスパーの監督が、エース・ストライカーの存在の大きさとプレミアリーグやカップ戦で控えている多忙なスケジュールについて語っている。

アントニオ・コンテは、トッテナムの忙しい日程が組まれた12月にハリー・ケインを先発メンバーから外すことは考えていないと明かした。

これからスパーズは、2~3日に1試合のペースで日程が組まれており、すべてのコンペティションを戦うために過密なスケジュールをこなさなければならない。

ここ数ヶ月、プレミアリーグではケインがゴールを決めることができていないが、コンテのシステムでは「基準点」としてケインを前線に配置する必要がある。

トッテナムにはケインの控えストライカーがおらず、コンテはソンを最前線のフォワードとしてプレーさせたくないと考えているが、水曜日にはオランダ代表のステーフェン・ベルフワインがその役割を果たす可能性を示唆していた。

しかし、その発言からわずか48時間後、コンテはケインを温存した際の有力な選択肢の存在について自信が持てていないように見え、新たなストライカーを補強するか、ベルフワインのような選手のゴール前で自信を持ってプレーさせるように改善する必要がある。

「正直に答えれば、今のハリーを欠いて試合を始めるのは、私にとっては少し難しいよ」

「私にとっては少し難しいんだよ。正直なところ、我々にとって重要な選手、誰に聞いたって重要な選手の話をしているのだからね。あぁ、現時点ではこのような答えになるね」

「私は状況を改善し、すべての選手の自信を高め、もしかしたらハリーがいなくてもその役割をカバーできるようになるかもしれないと考えている。同じようにではなくとも、勝ち点3を得るための良い方法でね」

「今、この瞬間に、正直なところ、ハリーなしでこのチームが試合をスタートするとは思えないね」