/アントニオ・コンテ:アーセナル戦の後の記者会見

アントニオ・コンテ:アーセナル戦の後の記者会見

コロナによる試合の延期は、モチベーションアップの要因になりましたか?

確かにあの時、我々はプレーする準備ができていたので、おかしな理由で延期となったのは良い状況ではなかったし、怒りがこみ上げてきたよ。でも、これは過去のことで、今は状況が違う。

私は当時の記者会見で、『すべての選手がプレー可能な状態のアーセナルを戦いたい』と語っていた。エミレーツ・スタジアムで3-1で負けこともあって、選手たちは少し怒っていたかもしれないね。

そして、繰り返すが、今夜は重要な目標だったんだ。この試合に勝つことだけが、チャンピオンズリーグ出場権獲得への望みを繋ぐことになるからね。

怒りと正しい姿勢のバランスは取れていましたか?

良いバランスを見つけるには細心の注意を払わなければならないので、簡単なことではないよ。選手にプレッシャーを与えすぎると、逆の答えが返ってくる危険性がある。この点でも、6ヵ月半の間に一歩一歩前進してきた。また、私にとっては、選手のことをよく知り、選手も私のことをよく知り、時には私が怒っているとき、なぜ怒っているのかを理解することが重要だった。前回のバーンリー戦の敗戦で、私が強く怒ったことを忘れないでほしい。

でも今、選手たちはいろいろな面で向上している。ピッチの上だけでなく、精神的にも強くなってきている。今はポジティブなことをたくさん話しているが、日曜日には勝たなければならない。だから私はファンに、この雰囲気を再現してくれるようお願いしたい。今日はファンが1ゴールを決めてくれた。我々チームで2ゴールを決めて、あと1ゴールはファンのおかげだよ。

日曜日には、団結してこの雰囲気をもう一度作り出すことが重要になる。簡単な試合ではないので、みんなで力を合わせてプレーする必要があるんだ。間違いなく、熾烈な戦いになるだろうからね。