/気迫を込めて逆転勝利を収めたアントニオ・コンテはトッテナムをトップ4に導くことができるか?

気迫を込めて逆転勝利を収めたアントニオ・コンテはトッテナムをトップ4に導くことができるか?

アーセナル、バーミンガム、ウェストハムでディフェンダーとして活躍したマシュー・アプソンがBBCラジオ5ライブで次のように語った。

「スパーズは後半、別のチームになっていたよ」

「考え方、攻撃の仕方、チームのエネルギーが見違えるようだった。彼らはリーズに大きな問題を引き起こしたが、それは彼らの前線の3人のクオリティーの高さによるものだろう。彼らのおかげだね」

チャンピオンズリーグ出場権を懸けて…

「今シーズンはスパーズにとって過渡期のシーズンであり、高い順位を目指すことは忘れて、将来に向けての成長に集中すべきだ…」と書くのは簡単だろう。

しかし、コンテはそのようなことは考えておらず、現在のトップ4が躓くことがあれば、自分たちはそこに付け入ることができると宣言した。

「我々は挑戦したいし、順位表の位置をより良いものにしたい」

「現在、たとえば同じ監督と取り組んでいたり、多額の資金を投資していたりと、さまざまな理由で(チャンピオンズリーグ出場権の有力候補には)4つのチームがあり、そことは差がついている。だが、私はそのことを恐れていない」

「私は選手たちを信じているし、このチームを信じている。我々は挑戦を望んでいるんだ。まず順位で迫って、そこでチャンピオンズリーグ出場権を得るために戦いたいんだよ」

「それで、もしも今シーズン、調子を崩したり、ミスをしたりするチームがあったら、そこに付け入るために我々はベストを尽くさなければならない」