/気迫を込めて逆転勝利を収めたアントニオ・コンテはトッテナムをトップ4に導くことができるか?

気迫を込めて逆転勝利を収めたアントニオ・コンテはトッテナムをトップ4に導くことができるか?

ハーフタイムにはブーイングが響き渡っていたが、フルタイムにはそれが大歓声に変わっていた。

トッテナムの指揮官であるアントニオ・コンテは、日曜日のリーズ戦で2-1の勝利を収め、スパーズを率いてのプレミアリーグ初勝利を祝って、試合終了のホイッスルが吹かれると、拳で宙を殴り、喜びの声をあげた。

しかしその45分前のトッテナム・ホットスパー・スタジアムの雰囲気は大きく異なっていた。

後半の逆転劇は、前半のプレーからは印象的なほど迅速に、スパーズをまったく別のチームに変貌させ、最終的にリーズは後半のスパーズに太刀打ちできなかった。

勝ち点3を獲得したことでスパーズは7位に浮上し、トップ4との勝ち点差は4ポイントに縮まった。ほんの数週間前には手が届かないと思われていたトップ4入りに、スパーズが挑戦できる兆しは出てきたのだろうか?

ハードワークの恩恵

Sergio Regulion
セルヒオ・レギロンは、スパーズに来て38度目のシュートでプレミアリーグ初ゴールを記録

11月初めにコンテが就任する前、トッテナムは前任のヌーノ・エスピリト・サントのもとで4試合中3試合に敗れ、低迷していた。

しかし、このイタリア人はすぐに就任の効果を発揮したようだ。ヨーロッパ・カンファレンスリーグではフィテッセを3-2で破り、エバートンで引き分け、日曜日のリーズ戦では逆転勝利を収め、ここまで就任後の3試合は無敗である。

コンテは厳格な監督であり、トレーニングでは選手を厳しく鍛え、彼が要求するレベルのフィットネスを身につけさせようとしている。トッテナムのウィングバックであるセルヒオ・レギロンは、インターナショナル・ブレーク中のコンテのもとでの練習を「人生で最悪の1週間」と表現した。