/怒ったプレミアリーグのクラブがニューカッスルの買収に関する緊急会議を要求

怒ったプレミアリーグのクラブがニューカッスルの買収に関する緊急会議を要求

リーグの法廷弁護士であるアダム・ルイスは、CATにおいて、この取引が実行される可能性があると述べていたが、これほどまでに早く実現するとは示唆していなかった。

「KSA(サウジアラビア王国)が取締役に就任するのではないと仲裁委員会が判断すれば、オーナー・取締役テストがKSAに適用されることはなく、この買収取引は可能であり、実行されるだろう」

それ以来、サウジアラビアはカタールに本拠地を置くbeIN Sportsへのサウジアラビア国内での放送停止を解除し、国内でプレミアリーグを放映する海賊版サイトの閉鎖を約束した。重要なのは、サウジアラビアがニューカッスルの日常的な運営に関与しないことをリーグ側に納得させたことだ。他のクラブの間では、これが事実であるかどうかについて、かなりの不安がある。

ニューカッスルの買収は、政治の世界でも反響を呼んでいる。英国の労働党は、この買収が「多くのファンに迷惑をかける」としながらも、買収の一時停止は要求せず、その替わりに新たな規制システムを早急に導入することを要求している。これは、保守党(現・英国の政権与党)の議員で元スポーツ大臣のトレーシー・クラウチが中心となって進めている、フットボール・ガバナンスに関するレビューに基づくものと思われる。

影のスポーツ大臣(野党が設置する政策立案機関である「影の内閣」のスポーツ大臣)であるアリソン・マクガバンは次のように述べている。

「これは結局のところ、フットボールの統治方法の失敗です。労働党は長年にわたり、厳しい独立した規制機関の設置を求めてきましたが、クラウチ議員のレビューが発表されたことで、私たちが期待している行動がすぐに起こるでしょう」

デジタル・文化・メディア・スポーツ省は、この問題はプレミアリーグの問題であり、英国はサウジアラビアと貿易を行っているため、フットボールクラブの買収を禁止することは異常であると主張し、意図的に手をこまねいている。