/アンドレ・ビラスボアス:私が築き上げたものを経営陣がすべてをぶっ壊した

アンドレ・ビラスボアス:私が築き上げたものを経営陣がすべてをぶっ壊した

2012年7月から2013年12月までトッテナムで指揮を執ったアンドレ・ビラスボアスは、イタリアのメディアにホワイトハート・レーンでの日々を問われ、隠すこと無く明かしている。

 

アンドレ・ビラスボアスは、スパーズで自身とコーチングスタッフが築き上げたものを「すべてをぶっ壊した」とクラブの経営陣を批判している。

ポルトガル人は2012年7月にスパーズの監督に就任し、最初のシーズンはポジティブなかたちで終えたものの2シーズン目の半ば、2013年12月に公式戦80試合で45勝という好成績を残しつつも退任の憂き目にあっている。

監督キャリアの早期にポルトで成功を収めたビラス・ボアスだが、その後はどのクラブでもインパクトを残せず苦労している。

コリエレ・デロ・スポルト紙のインタビューに応じたビラス・ボアスは、ノースロンドンでの日々について赤裸々に明かすと同時に、スパーズ在籍当時にパリ・サンジェルマンからのオファーを断ったことを悔やんでいるとも語っている。

「最初のシーズンはすべての点において素晴らしかった。選手層は薄かったが、見事なスピリットと大きな野心をうちに秘めていたよ」

「スパーズの歴史上で最多の勝ち点を記録したんだ。アデバヨールの背後にベイルがいて、そこで自由に動き回ったんだが、レノンとウォーカーによって優れたカウンターアタックを炸裂させる4-4-2だったね」

 

Villas-Boas had a good relationship with Gareth Bale and was in charge when the Welshman was sold to Real Madrid

TAGS: