/トッテナムが3000万ユーロでバルセロナからアンドレ・ゴメスの獲得に迫る [SPORT]

トッテナムが3000万ユーロでバルセロナからアンドレ・ゴメスの獲得に迫る [SPORT]

アンドレ・ゴメスは今年の夏にバルサを離れる最初の選手の1人となりそうだ。ポルトガル人ミッドフィールダーは、プレミアリーグで良い兆しを見せている。SPORT紙は、トッテナムはバルサに約3000万ユーロのオファーをすることで選手の代理人たちと既に合意していると理解している。さらに、選手本人もトッテナムへの移籍に合意している。

 

アンドレ・ゴメスの3000万ユーロでのトッテナム移籍が迫る

昨年の夏、バルサのチーム構想に入っていないことを知ったアンドレ・ゴメスは、バルサを離れることを決断した。ローン移籍で求めた新天地はエバートンだった。そして、プレミアリーグの26試合に出場した後、エバートンは完全移籍による獲得を希望したが、トッテナムの獲得オファーが上回ったことで、新たな居場所はポチェッティーノの指揮下になりそうだ。

アンドレ・ゴメスの代理人であるワッサーマンは先週、トッテナムの幹部と会合し、移籍に向けての最終調整を終了した。バルサはイングランドのクラブから関心が寄せられていることを認識しており、放出できるだけ早く完了し、別の補強に向けての資金を確保することの望んでいる。トッテナムはチャンピオンズリーグのファイナリストであり、バルサと交渉開始のタイミングを伺っている。プレミアリーグ最終節の後がその機会になるだろう。

 

マルコム獲得の選択肢

トッテナムが狙うべきもう一人の選手がマルコムだ。マルコムはエルネスト・バルベルデ監督の計画に入っておらず、トッテナムはその状況を注視している。ブラジル人アタッカーは、他のクラブからも獲得の動きがあるだろうが、バルサを去ってプレミアリーグでのプレーを望むだろう。

アンドレ・ゴメスのケースとは異なり、今のところマルコムの移籍の動きに進展は無い。トッテナムは獲得に関心を持っているが、まだ交渉は最終段階には進んでいない。また、2人の選手の情報が出始めたのは、彼らがこの夏に移籍可能であることを大々的に報じるための作戦であるとの見方もある。まずはアンドレ・ゴメスの移籍が決まり、その後にはマルコムがそれに続けてバルサを去ることになりそうだ。