/今、トッテナムとジョゼ・モウリーニョの命運を変えることができる6人

今、トッテナムとジョゼ・モウリーニョの命運を変えることができる6人

ジオバニ・ロチェルソもまた中盤のセレクションで大きな存在感を示したいところだが、現在は負傷明けでフィットネスを取り戻そうとしている時期にあり、デレ・アリが先手を得ることになるだろう。

ソン・フンミンがハリー・ケインのやや低めの左サイドでの役割を詰めているように、ベイルはこのままの調子を維持すれば、その逆サイドでレギュラーになる可能性がある。

今シーズン、ステーフェン・ベルフワイン、エリク・ラメラ、ルーカス・モウラがたびたびそのポジションで起用されてきたが、いずれも安定して先発の座を守れるほどの活躍はしていない。

ホイヴィア、エンドンベレ、デレ・アリ、ソン、ベイル、ケインの6人による中盤から前の構成はかなり魅力的であり、ここ6試合で5敗を喫して順位を落としたプレミアリーグで、この6人がスパーズのシーズンを一変させてくれることをファンは期待しているだろう。

ホイヴィアがディフェンスラインの前方のシールドとしてボール奪取の役割に専念し、その近辺でエンドンベレがその魔法によってチャンスメイクの起点となる。そして、デレ・アリが背番号10の役割として攻撃面で脅威になる。

そして、ソン、ベイル、ケインによる魅惑のフロントラインを形成すれば、ゴールは保証されている。

ここ数週間のトッテナムのディフェンス陣は、個人のミスが数々の大きなダメージを与えており、依然としてその心配は拭えないが、モウリーニョがリーグ屈指の攻撃陣のブレーキを解除して自由を与えれば、スパーズの運命を変えることができるはずだ。

2020-21シーズンはカラバオ・カップとヨーロッパリーグの制覇、そしてプレミアリーグでトップ4入りを成功させることができる位置にいるが、ここ数ヶ月の大低迷があったものの、戻ってきた2人はモウリーニョとクラブの目標達成に向けて重要な役割を果たすことになるだろう。

トッテナムのファンにとっては苦しい時期が続いているが、デレ・アリとベイルが安定してスターティング・ラインナップに復帰すれば、今後の明るい時代の幕開けとなるかもしれない。