/スリー・ライオンズ、ワールドカップ・セミファイナル敗退後のツイート

スリー・ライオンズ、ワールドカップ・セミファイナル敗退後のツイート

ワールドカップ・セミファイナルで延長戦の末にクロアチアに逆転負けを喫したイングランド。キャプテンとしてスリー・ライオンズを牽引したハリー・ケイン。若き司令塔として世界にその才能を示したデレ・アリ。そして、右ウィングバックとして得点源となったキーラン・トリッピアがこの敗戦の後にツイートで気持ちを明かしている。

 

■ハリー・ケイン

 

日本語訳)今日(試合翌日)、あらゆる感情がこみ上げてくる。まずは、長期間に渡って結束し、出せる力の限りを尽くしたこのチームやスタッフを強く誇りに思うよ。過去にイングランド代表に付きまとった多くの試練を、僕らは乗り越えたんだ。

日本語訳)僕らは素晴らしいサポーターと一丸となって、この信じられないような経験を共有し、堪能したんだ。僕らが望んだ結果とは行かなかったし、今は辛さを感じているよ。昨夜の試合から、僕らは必ず大きな学びを得るはずさ。

 

日本語訳)これから僕らはこの国の一員として顔を上げて、互いを誇りに思えるだろう。このチームの一員となれたこと。そして前進し成長し挑み続けたことは、とてもエキサイティングだった。みんなのサポートに感謝するよ。

 

2019年のカレンダー(スパーズ公式)