/デブライネ、ラモス、ポグバ…、ジョゼ・モウリーニョと選手との確執の歴史

デブライネ、ラモス、ポグバ…、ジョゼ・モウリーニョと選手との確執の歴史

サンチェスは、モウリーニョがオールド・トラフォードで作り出したネガティブな雰囲気が、自身が期待されていた高みに到達できなかった理由だとまで主張している。

サンチェスはモウリーニョのもとでプレーしていた頃を振り返り、BBCに次のように語った。「少しプレーの機会をもらって、それからプレーさせてもらえず、またそれからプレーさせてもらった。そんな感じで選手としての自信を失っていったんだ。どの選手も自信を失っていった。分かるかい?」

「それで不健康な雰囲気が生まれてしまったんだ。良いプレーをしていてゴールを決めたら、そこで監督は僕を外してくれたこともあったね。そんな時は自分に言い聞かせたんだ。『僕はフットボールが好きなんだ。僕はフットボールが好きなんだ』ってね」

Alexis Sanchez blamed Mourinho for his failure to perform for Manchester United