/デブライネ、ラモス、ポグバ…、ジョゼ・モウリーニョと選手との確執の歴史

デブライネ、ラモス、ポグバ…、ジョゼ・モウリーニョと選手との確執の歴史

デブライネは、当時ブルースの監督であったモウリーニョとの屈辱的な会議について、後に振り返っている。この会議で、デブライネはウェストロンドンのクラブでの自分の時間は終わったと確信している。

その後、モウリーニョは公然にデブライネを「泣き虫」と罵倒し、彼がクラブを去ったことを非難した。

しかし、デブライネは今では世界最高の攻撃的ミッドフィルダーの一人とみなされているため、当時のモウリーニョの罵倒は、自身に向けられるジョークとなってしまった。

Mourinho publicly shamed De Bruyne, calling him a 'cry baby' for his departure from Chelsea

リカルド・クアレスマ

リカルド・クアレスマは、キャリアを通じて多くの監督を失望させてきたが、モウリーニョは彼のパフォーマンスを公の場で評価した監督だった。

ポルトガルの奇才クアレスマは、当時インテル・ミラノの監督だったモウリーニョのもとでインパクトを残すことができず、チェルシーへとローンで移籍することになった。

モウリーニョは、サンシーロに戻る前にその姿勢を改善しなければならないと語った。

「クアレスマは戻ってくる可能性が高いが、彼がまだインテルで誇示できていないものを披露するために、メンタリティを入れ替えなければならない」とモウリーニョはポルトガルのA Bolaに語った。

Mourinho told Ricardo Quaresma he had to change his attitude to play in his Inter Milan team