/デブライネ、ラモス、ポグバ…、ジョゼ・モウリーニョと選手との確執の歴史

デブライネ、ラモス、ポグバ…、ジョゼ・モウリーニョと選手との確執の歴史

ポール・ポグバ

ポール・ポグバとジョゼ・モウリーニョの関係はギクシャクしていた。2人はお互いに一緒に仕事をしていることにどこか不幸を感じていた。ポグバがユナイテッドの副キャプテンを解任され、当時のユナイテッドの監督とユナイテッドの歴代最高額での補強選手の間に緊張が走った。

モウリーニョは以前、キャリントンで行われた公開トレーニングでポグバを叱責したことがあったが、ポグバのその横柄な性格がどうしてもいけ好かないことを明らかにしていた。

モウリーニョは、ユナイテッドがカラバオ・カップで屈辱的な敗退を喫したときにポグバが『笑って冗談を言っている動画』を撮影して投稿したときには、相当に気に食わなかっただろう。

Paul Pogba and Mourinho had a fractured relationship during their time together at United

セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスとモウリーニョは、2012-2013シーズンに、チームメイトのイケル・カシージャスに対する監督の不当な扱いを受けたことを受けて、内密に言葉を交わしていた。

ゴールキーパーのカシージャスとディフェンダーのラモスは、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長に最後通牒を突き付けた。モウリーニョがシーズン終了時に解任されなければ、選手たちはクラブを去ると脅したのだ。

2013年にマルカ紙が報じたところによると、ラモスとカシージャスの2人は「6月にモウリーニョが去るか、我々が去るかのどちらかだ」と言っていたという。

Goalkeeper Iker Casillas and Sergio Ramos forced Mourinho out the door at Real Madrid