/スパーズ対リバプール:デレ・アリとロリスを欠くスパーズの4通りの先発メンバー

スパーズ対リバプール:デレ・アリとロリスを欠くスパーズの4通りの先発メンバー

デレ・アリとウーゴ・ロリスを欠いてリバプールを倒すための4通りの先発メンバー。ウェンブリーで2人の主力を欠くポチェッティーノは、どのようにチームを編成するか?

 

土曜日の午後にウェンブリー・スタジアムで開催されるリバプール戦に、トッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は2人のキー・プレーヤーを欠いて挑む。

デレ・アリとウーゴ・ロリスは、共にこのプレミアリーグの対戦を負傷により欠場。昨シーズン、ユルゲン・クロップ監督が率いるレッズを4-1で返り討ちにしたウェンブリーで、今回、スパーズの指揮官は2人の主力を欠いてどのように迎え撃つのだろうか。

デレ・アリは昨年10月の対戦でゴールを決めた1人。土曜日の試合では、他の選手にチャンスが巡ってくる。

昨シーズン、ポチェッティーノは3-5-2のフォーメーションでリバプールとの試合に臨み、トッテナムは開始12分で2ゴールを決めて、相手を凍りつかせた。

デレ・アリとウーゴ・ロリスを欠いて挑むリバプール戦で、スパーズが採りうる4つのラインナップを紹介する。

 

Tottenham Hotspur 3-5-2

昨シーズンと同じフォーメーション

ポチェッティーノは昨シーズンと同じ3-5-2のフォーメーションを採用するかもしれない。実現すれば、3バックは今シーズンで3度目となる。

木曜の記者会見で、ポチェッティーノにハリー・ウィンクスについての質問が振られた時、ポチェッティーノはウィンクスの今シーズン初先発が迫っていることを認めている。

ウィンクスは、昨シーズンのこの対戦カードでピッチ上のベスト・プレーヤーの1人だったので、高速カウンターからのゴールを狙うのならば、指揮官は抜擢を決断するか?

このフォーメーションで、ミシェル・フォルムをゴールマウスに配し、その前にはトビー・アルデルヴァイレルト、ダビンソン・サンチェス、ヤン・フェルトンゲンを並べる。

昨シーズン、そのスピードを活かすためにスパーズはセルジュ・オーリエを左サイドに置いたが、今回はダニー・ローズがプレーの準備を整えている。右にはキーラン・トリッピアだ。

 

エリック・ダイアーは昨シーズンの先発からは外れており、今回はクリスチャン・エリクセン、ウィンクス、そしてムサ・デンベレでデレ・アリ不在のミッドフィルダーを編成する。

前線はハリー・ケインとソン・フンミンだったが、今回は絶好調のルーカス・モウラを外すことはできないだろう。

 

スパーズの先発(3-5-2):フォルム、アルデルヴァイレルト、サンチェス、フェルトンゲン、トリッピア、エリクセン、ウィンクス、デンベレ、ローズ、ルーカス、ケイン