アンジ・ポステコグルーに放出の決断を強いられているトッテナムの7人の選手

この記事は約5分で読めます。

エメルソン・ロイヤル

ポステコグルーは、昨シーズン、何度かセンターバックに転向したエメルソンを今夏しばらく必要とするかもしれない。なぜなら、そのセンターバックのポジションを務める選手全員が国際舞台に出場しており、現在ファーストチームのトレーニングに参加している唯一の本職センターバックは19歳のアシュリー・フィリップスだけになっているからだ。なお、ベン・デイヴィスも昨シーズンと同じようにその役割でプレーしていた。

ACミランはこれまでフラメンゴやサウジのクラブと共にエメルソンに最も興味を示してきたが、今月末にトッテナムの選手たちと日本と韓国へのプレシーズン・ツアーに参加するのを阻止するために、トッテナムの評価額に応じる必要があるだろう。

アレホ・ベリス

昨シーズン後半にセビージャでほとんど試合時間がなく、ほとんど意味のない期間を過ごしたベリスは、今週、プレシーズンのトレーニングのためにスパーズに戻ってきた。そしてこの夏におそらくローン移籍になるだろう。

20歳のベリスは外国人選手となるため、今後数週間の移籍マーケットの動向次第ではトッテナムが彼をヨーロッパリーグに登録できない可能性があり、その成長を続けるために新たなローン移籍となる可能性が高い。

ジェイミー・ドンリー

ポステコグルーはドンリーに関して決断を下さなければならず、またもローン移籍の可能性がある。昨シーズン、オーストラリア人指揮官は19歳のドンリーにプレミアリーグの3試合とFAカップの1試合で出場機会を与えたが、新シーズン、この才能ある10代の若者をローンで迎え入れようとしているクラブが列をなしている。

今後数ヶ月、トッテナムでヨーロッパリーグや国内カップ戦で時々試合終盤から出場するよりも、レギュラーとしてプレーできる環境のほうがドンリーにとって有益かもしれない。

ポステコグルーは今シーズンのプレシーズンに再びドンリーを注意深く見ることになるだろうが、チャンピオンシップのルートンやオックスフォード・ユナイテッド、リーグ1のバーミンガム・シティやブリストル・ローヴァーズなどがドンリーの状況に注目している。

Seven Tottenham players who could leave the club this month
The Tottenham players are back at Hotspur Way for pre-season training but for some of them it could simply be a temporary return
この記事を評価する
タイトルとURLをコピーしました