バイエルン・ミュンヘンが今夜までにハリー・ケインを売却するか否かを決めるようにスパーズに通告

この記事は約4分で読めます。

スパーズのダニエル・レヴィ会長とバイエルンのヤン・クリスティアン・ドリーセン最高経営責任者(CEO)、マルコ・ネッペ(テクニカルディレクター)の間でロンドンで交渉が行われた。

この交渉はいったん暗礁に乗り上げたが、少なくともレヴィが自分たちと会い、ケインの将来について話し合おうとしてくれたことにバイエルンは胸をなでおろした。

しかし、このような期限を設定されたレヴィがどう反応するかはまだわからない。バイエルンは良い回答を受けるか、彼らのオファーを拒否することを望んでいる。

トゥヘルは、バイエルンが次の土曜日にRBライプツィヒとDFLスーパーカップを戦う前に、ケインをチーム戦力に加えたいと考えている。ブンデスリーガの初戦はその翌週の金曜日に行われる。

アラン・シアラーのプレミアリーグ通算260ゴールまであと48ゴールと迫っているにもかかわらず、ケインはクラブでのタイトルを求めて海外のクラブへの移籍を望んでいる。

トゥヘルは、ケインがいずれイングランドに戻り、シアラーの記録を更新する可能性がある一方で、一緒にチャンピオンズリーグを制することができると彼に伝えたと見られている。

元リバプールのサディオ・マネをサウジアラビアのアルナスルに2400万ポンドで売却したことで、バイエルンのケイン獲得資金は潤沢になった。しかし、もしスパーズと合意に至らなかった場合、彼らはすぐに別のターゲットを探さなければならないため、このように非公式に期限を設定している。

いずれにせよ、2年前にマンチェスター・シティへの移籍を試みたケインの移籍騒動は、早くも終盤を迎えているようだ。

もしバイエルンが今月中にケインと契約しなければ、来夏のフリー移籍に先立ち、1月の移籍マーケットで彼とプレ契約を結ぶことも可能だろう。

しかし、ケインはフリーになるのを待ち、自分の選択肢をより広く持ってそれらを見極めたいのかもしれない。まずは、フリーになればプレミアリーグに留まりやすくなるだろう。例えば、マンチェスター・ユナイテッドはケインの熱烈に追い求めているが、クラブ間合意に至る望みはほぼ無いため、この移籍マーケットでオファーを提示することは断念した。

Spurs must decide if they are selling Harry Kane to Bayern Munich by midnight
Exclusive: If a deal is not agreed then striker is expected to see out final year of his contract at Spurs and leave for free next summer
この記事を評価する
タイトルとURLをコピーしました