マン・シティ戦での崩壊がプレッシャーとなるトッテナムがアントニ・コンテ体制の復活のために修復スべきポジション

この記事は約4分で読めます。

今のスパーズは、もはや戦い方がよく浸透したチームには見えないし、逆境に立たされた時に崩れる傾向があるのは、信念の欠如と言えるだろう。そしてそれは、これまでにコンテが繰り返した「クラブを去る」という脅しによって好転することはない。コンテのオプションは何なのだろうか?コンテは4バックに変更することはないと主張しているが、そうすることによってスパーズの守備が現在の状態よりも悪化することは考えづらい。

月曜日の夜に控えている復調したフラムとの試合では、何か変化を加える必要があり、コンテが認めているように、4バックに切り替えれば少なくともピッチ上の前方に1人の駒を配置することができるようになる。

コンテにとって、より魅力的な解決策は、新しいディフェンダーを獲得することだ。コンテはアタッカーとウイングバックの獲得を要求しているが、それよりもディフェンダーを優先し、さらに今シーズン、プレミアリーグの4つの失点につながるミスを犯したロリスの後継者探しを前倒しにすることもありうる。

スパーズは、スポルティング・リスボンのペドロ・ポロの獲得に動いているが、コンテの不確実な将来はこの移籍マーケットでの動きにおいてクラブに躊躇をもたらすはずだ。木曜日の夜のマンチェスター・シティとの試合でポジティブな点を見出すとすれば、デヤン・クルゼフスキとエメルソンの2つのゴールでチームの勢いが最高潮に達し、今のチームにまだ望みがあることを示唆し、前半のゲームプランは機能したことだった。復活の望みがあるとすれば、ヘッドコーチとクラブが一丸となってディフェンダーの修復に取り組まなければならない。

Tottenham must fix broken defence to have any hope over Conte revival
Spurs should be prioritising defensive signings in January after another night to forget at the Etihad
タイトルとURLをコピーしました