アントニオ・コンテ:フラム戦を控えての記者会見

この記事は約9分で読めます。

どの監督も負けることを嫌いますが、あなたのように他のクラブで試合に勝つことに慣れていると、ここで勝ちがないことにプレッシャーを感じますか?

正直なところ、何試合も何試合も勝つことに慣れているので、1シーズンに3試合も4試合も負けるというのは、確かにフラストレーションがたまるかもしれないね。正直なところ、昨シーズンもこのようなことがあったが、特にチェルシーを相手に14日間で3試合も負けたときは、賢い人、スマートな人、知的な人であれば、その状況や流れ、どこまでができていて、状況を変えるために何をしなければならないかを理解しなければならない。

なぜなら、私の過去と比べたら、状況は変わっていると思うからだ。いつも言っていることだが、状況が違うんだ。私のここでの仕事は、クラブを作り上げる助けをして、もう一度しっかりとした土台を作り、そして一歩一歩向上して競争力をつけ、何か重要なもののために戦うことなんだ。

これが私の考えであり、それを理解した瞬間から、過去のキャリアよりも試合に負けることがあっても、心、精神、頭を働かせなければならないのは確かだよ。プロセスが必要で、忍耐が必要で、時間が必要で、これが私があなたに伝えられることだ。ただ、これだけは、逆ギレしたり、何かにつけて攻撃的になることなく、伝えることができるよ。

となれば私のやり方はただひとつ。一生懸命に働き、私のメンタリティーを選手たちに伝えることだとわかる。選手たちは自分たちを向上させようとあらゆる努力をしているが、このプロセスをさらに改善し、今よりも強くなるためには時間が必要だってことは分かっている。だが、我々の目標はなにかと聞かれたら、次の試合で3ポイントを獲ることだ。選手たちの目標は、すべての試合に勝つことだよ。

イングランドの難しさは、トップチームだけでなく、中堅どころのチームも強いということは把握している。だから、昨シーズンに比べれば、堅固さ、欲望、強く守りゴールを許さないという意志を取り戻さなければならない。繰り返しになるが、昨シーズンよりも悪い状況になっているのは、失点だけだと思うよ。

昨シーズン、「トップ4に入るには奇跡が必要だ」と言っていましたが、今シーズンもトップ4に入るには奇跡が必要なのでしょうか?

監督が交代した場合、1月には4人ほどの選手を放出したりローンで出したりして、その後に2人の選手を獲得することになったので、そのような状況を踏まえた上で言ったんだよ。特にイングランドでは、トップ4に残るためには、シティ、ユナイテッド、リバプール、アーセナルといったチームとしのぎを削ることになる。そのような状況では、成果を挙げるのは非常に難しいんだ。さらにニューカッスルのような驚異的な成長を遂げているチームもある。

このようなことを言ったのは、我々が素晴らしい成果を上げたと感じたからだ。他の大会がなく、リーグ戦に集中できたこともよかったと思う。怪我もなかったからね。

今シーズンは4つの大会に参加して、特にチャンピオンズリーグは大きなエネルギーを消費する。ローテーションを組めるが、プレミアリーグでも同じだ。昨シーズンと比べると、状況はまったく違うよ。

この夏にチーム戦力を改善しようとしたが、これはまだ始まりに過ぎない。9人の選手が退団し、他の選手を補強するというシンプルな方法でね。競争力を高めるには、時間と忍耐が必要なんだよ。

タイトルとURLをコピーしました