人気者のサール、元気いっぱいのソン!トッテナムの公開練習で目撃された5つ注目ポイント

この記事は約5分で読めます。

Football London/Emma de Duve

水曜日に今シーズンのチャンピオンズリーグ初戦を控えるトッテナム。football.londonでは、公開練習で目撃された注目ポイントを解説する。

トッテナムは水曜日にN17で開幕するチャンピオンズリーグを控えている。スパーズは2018/19シーズンにこの大会の決勝まで進んだが、最後のハードルを越えることはできなかった。

今シーズンのリリーホワイツはプレミアリーグで好スタートを切っており、アントニオ・コンテは欧州でこの結果を再現できることを望んでいる。トッテナムの最初の対戦相手はマルセイユだが、イタリア人監督にとってはローテーションを組む良い機会であり、何人かの選手にとってはアピールのチャンスとなる。

火曜日、スパーズはメディア向けに公開練習を行い、football.londonのトッテナム担当記者であるEmma de Duveが参加した。リリーホワイツは、まず室内でいつものようにストレッチやバランス感覚を養うメニューをこなし、その後、外に出てきた。

屋外でのセッションは、ウォームアップから始まり、ブランドン・オースティンとフレイザー・フォースターがゴールキーパーのトレーニングをしているのを除いて、選手たちはグループでパス練習をした。チーム全員がロンド(とりかご)に参加し、3人の選手がディフェンスしながら、その周りで円になった選手がパスを回した。

関連動画(下の画像をクリックして視聴)

チームニュース

コンテは、1-1の引き分けに終わったウェストハム戦の先発メンバーから、フラム戦で5人を変更した。クリスティアン・ロメロとロドリゴ・ベンタンクールが復帰したが、ルーカス・モウラとブライアン・ヒルは負傷のため、ベンチ入りもしなかった。

火曜日のセッションでは、ヒルはチームと共にトレーニングに参加し、唯一不在だった選手はモウラだったようだ。コンテは記者会見で怪我の最新情報を伝えている。

「モウラは出場できない。明日からピッチでトレーニングが始まると思うよ」

「彼は腱に炎症があり、我々は前線のオプションに彼を必要としているので、私はすぐにでも彼が回復することを願っている」

エリック・ダイアーは、セッションの屋内パートに最後まで取り組んでいた選手で、いくつかの追加エクササイズをしたようだった。その理由は定かではないが、このセッションで負傷している選手はいないようだ。

タイトルとURLをコピーしました