ロビー・マストーとティム・ハワードがウルブズ戦の前半の「つまらない」試合内容を嘆く

この記事は約3分で読めます。

トッテナムがまだ期待した通りの強さを持っていると信じているかを聞かれたハワード。

「私はまだ信じているけど、他のどのチームもマンチェスター・シティとリバプールからはかけ離れているね。まぁ、リバプールの今シーズンのスタートで輝かしいものではないが、我々はその2チームがホームで期待通りのプレーをして、相手チームを圧倒すると見ている」

「トッテナムにしてみれば、時に少し退屈に見えることもあるだろうし、いくつかの試合では引き分けに持ち込むだろう。このような試合ではチャンスは多くないが、ソンやケインのような選手がいるので、ゴールを決めることができる」

元アメリカ代表ゴールキーパーのティム・ハワード

スパーズは前半をウルブズに主導権を握られながらも0-0の膠着状態で切り抜けたが、マストーはホームチームのこの「退屈な」パフォーマンスを嘆いた。

「退屈だね」

「見ていて退屈だったよ。この巨大なスタジアムで、これだけの期待を受けて、力強いスタートを切り、先週末には結果を出していたのに、今日は自分たちのチャンスを待っていたんだ」

「コンテは少しはこういうところがある。解説者は、積極的というより、後手に回っていると言っていたが、まさにその通りだ。何かを起こそう、ゴールを決めよう、何かを生み出そうとする努力が足りない。何かが起こるのを待っているような感じだし、ウルブズは公平に見てもボールを保持してプレーしていた」

トッテナムはこの週末に行われる他の試合の前にしたウルブズ戦に勝利して、暫定でプレミアリーグの首位に立ち、来週はノッティンガム・フォレストに乗り込み、シーズン開幕からの無敗を維持を目指すことになる。

Spurs fans must get used to 'grinding' out results, says Robbie Mustoe
Mustoe conceded that fans will ultimately be pleased with the result but claimed he was worried Antonio Conte's defensive strategy might lead to more ground-out...
タイトルとURLをコピーしました