2022-23シーズンの展望 – 移籍ラッシュに沸くスパーズ、コンテのもとで新たな高みを目指す楽観論

この記事は約4分で読めます。

注目すべき戦術

コンテがルーカス・モウラを右ウイングバックとして起用する意向を示しているのは実に興味深い。より一般的には、ケインがウイングバックの選手をゴール前にポジショニングさせるプレーに注目したい。昨シーズン、レギロンはイングランド代表キャプテンの決定的なパスを得るも次々とチャンスを逃していたが、ペリシッチならきっと無駄にはしないだろう。

覚醒する新星

すでにブレイクしているが、デヤン・クルゼフスキはどこまで良くなるのだろうか?まだ22歳のこのスウェーデン人は、昨シーズン、水を得た魚のようにプレミアリーグに馴染んでおり、この夏は他の選手同様、コンテのもとでの充実したプレシーズンの恩恵を受けるはずだ。デキはリシャルリソンとの新たなポジション争いに直面しているが、現時点で3トップの一角は彼のものだ。

監督へのプレッシャーは?

そんなことは微塵もないだろう。コンテはファンを、そしてクラブも彼の手のひらの上で操っており、周囲は彼の一言一句に心酔しているようにすら思える。とはいえ、移籍マーケットにおいては、ダニエル・レヴィ会長がこれまでのアプローチを変えたことで、彼はクラブからの支援を得ており、会長は結果を期待していることだろう。

今シーズンの成功とは?

トロフィーだ。コンテは再びチャンピオンズリーグ出場権を獲得することを期待されているが、本当の意味でシーズンの成功を手にするには、おそらく2008年以来となるタイトルの獲得が必要だろう。プレミアリーグでマンチェスター・シティやリバプールとの差を縮めるのは至難の業であり、3つのカップ戦は特に重要な意味を持つ。

タイトルとURLをコピーしました