ジョー・ロドンがパリでメディカル検査を終えて、レンヌへのシーズン・ローンに近づく

この記事は約3分で読めます。

Football London/Alasdair Gold

トッテナムのジョー・ロドンは、フランスの首都パリで月曜日の朝にメディカル検査を受け、リーグアンのクラブへの移籍を間近に控えている。

ジョー・ロドンは、リーグアンのレンヌへのローン移籍に先立ち、パリでのメディカル検査をほぼ終えたと、football.londonは理解している。

24歳のウェールズ代表は、買取オプションを含むと予想されるシーズン・ローンで、フランスのクラブへの移籍に迫っている。ロドンは月曜日の朝、パリでメディカル検査を受け、レンヌはその結果と書類を待っているところのようだ。

ロドンは月曜の午後、レンヌに移動して契約に署名すると見られており、すべての事務処理が完了すれば、24時間以内に移籍の公式発表が出る可能性がある。このウェールズ人は、ローマと対戦するためにイスラエルに遠征したスパーズのメンバーから外れ、このローン移籍の手順を進めていた。

ロドンは2020年にスウォンジーからスパーズに加入したが、これまでの短期間に4人の監督のもとで試合に出場することができず、昨シーズンは肋骨を骨折しながらプレーとトレーニングを試みたが、プレミアリーグの出場はわずか15試合にとどまった。

アントニオ・コンテは、 イスラエルでこのディフェンダーについて語っていた。

「ジョー・ロドンもまた優れた選手だ。11月にはワールドカップがあり、多くの選手がレギュラーとしてプレーすることを望んでいることを忘れてはいけない。また、その重要な大会に備えるためにもね。クラブと選手の思いが同じであれば、双方にとってベストな解決策を見出すことができると思っているよ」

スパーズでの出場はなかったものの、ロドンはウェールズ代表では好調を維持しており、この夏にはイングランドだけでなく、イタリアのクラブからも関心を持たれていた。このたびのレンヌへのローン移籍は、このディフェンダーの長期的な将来を見据えた上での決断であったと思われる。

リーグアン、そしてレンヌへの移籍は、ウェールズ人にとって異例の行き先に見えるかもしれない。しかし、アヤックスと並んで、このフランスのクラブは、その採用と育成の成功から、ヨーロッパのゲームで最も注目されるチームの一つである。

最近のシーズンだけでも、ウスマン・デンベレ、エドゥアルド・カマヴィンガ、マティス・テル、アブドゥライェ・ドゥクレ、ラフィーニャ、ナーイフ・アゲルド、エドゥアール・メンディ、イスマイラ・サールらが、より大きな移籍を見据えて引き抜かれている。ロドンはワールドカップ前に、多くの選手の入れ替えが起こるこのクラブでレギュラーを狙えるようになるはずだ。

Joe Rodon medical latest as Rennes loan move nears for Tottenham defender
The Welshman is closing in on his move to the Ligue 1 side after undergoing his medical in the French capital on Monday morning
タイトルとURLをコピーしました