アントニオ・コンテ:ウルブズ戦を控えての記者会見+2

この記事は約3分で読めます。

トッテナム・ホットスパーの指揮官は、夏に獲得したブラジル人ストライカーが貢献できる攻撃的なフォーメーションについて話している。

アントニオ・コンテは「気迫に溢れ、相手にとって厄介な」リシャルリソンが好きだと語り、今シーズンのトッテナムで多くの試合で4人のストライカーがプレーすることを期待している。

このブラジル人は、この夏、エバートンから5000万ポンドと出来高1000万ポンドの契約条件でスパーズに加入し、日曜日のチェルシー戦で途中出場によるデビューを果たした。リシャルリソンは球際の強さとアグレッシブさでスタンフォード・ブリッジでの戦局を変えるのに貢献した。

コンテはこの25歳の大ファンであり、チェルシーでは4-2-4フォーメーションでリシャルリソンと共にソン・フンミン、ハリー・ケイン、デヤン・クルゼフスキの4人のフォワードをピッチに並べたが、今シーズンこのブラジル人は多くの試合に出場することを明言している。

「リッチーは我々の気迫を高めてくれた選手だ。彼は私が好きな選手だよ。彼はいつも気持ちを込めてトレーニングに取り組んでいる。これは良い兆候だと思うよ」

「シーズンは長いし、4人のストライカーで戦わなければならない試合もたくさんあるからね」

「チェルシー戦では最終的に、ルーカス・モウラとペリシッチをウイングバックに、リシャルリソン、クルゼフスキ、ソニーが前線でプレーしたが、これを行うには戦術的な面で組織力を高めることが重要だ。ボールを持っているときは相手にとって問題かもしれないが、ボールを持っていないときもバランスを崩してはいけない。チェルシー戦の2失点目は、少しバランスを崩してしまったと思う」

「4人のストライカーでプレーすることは、試合中に良いオプションになり得るし、いくつかの試合では先発からやることもできるので、我々は改善するよう努めなければならない。最も重要なことは、4人のストライカーが走り、ボールが無いところでも犠牲を払うことを厭わないことだ。これは非常に重要なことだが、私にはスタミナのある選手、クオリティの高い選手が揃っており、この点についても取り組んでいるよ」

チェルシー戦の試合終了後、コンテとトーマス・トゥヘルは握手をめぐる衝突からレッドカードを提示され、それから両軍が入り乱れる騒動に発展した。両監督はその後、FAの起訴を受けた。

その後、トゥヘルと話したか、またはこれから話す予定はあるかという質問に対して、コンテはこう答えた。

「いや、ないよ。正直なところ、我々2人とも、私にとっても、おそらく彼にとっても、私はウォルバーハンプトンとの試合に集中していると思う。私にとっては、何の問題もないことだ。このような状況は起こり得ることだ。普通のことだよ。私は14年間フットボール界にいるが、私にとっては、このような状況は起こり得ることなんだ」

「たぶん何者かがこれを大きな問題にして、私と彼との衝突をことさらに騒ぎ立てようとしているだろうが、一方でFA(イングランド・フットボール協会)の起訴(処分)は軽いもののだったし、実際にあの状況は軽い出来事だったよ」

「何者かが、私と彼の間の大騒動に仕立て上げたかっただけだろう。でも、大した衝突じゃないよ。大きな衝突というのは、大きな戦いを指すんだ」

Conte explains why he likes 'nasty' Richarlison and playing with four strikers
The Tottenham Hotspur head coach has been speaking about his Brazilian summer signing and the attacking formations he will contribute to
タイトルとURLをコピーしました