バルセロナに加入したばかりのクリステンセンとケシエにフリーでクラブを去る可能性も [ESPN]

この記事は約3分で読めます。

新加入のアンドレアス・クリステンセンとフランク・ケシエが、土曜日のラージョ・バジェカーノとのラ・リーガ開幕戦までに選手登録されない場合、バルセロナをフリーで去る可能性があると、様々な関係者がESPNに伝えている。

クリステンセンとケシエはそれぞれ、チェルシーとACミランからこの夏の初めにフリーでバルサに移籍した。しかし、新しいシーズンが始まるまで3日を残して、どちらもスペインのリーグ登録がされていない。

情報筋がESPNに語ったところによると、もしバルサの開幕戦であるラージョ戦の前に登録されなかった場合、両選手はフリーで退団できる条項を行使する可能性があるとのことだ。

また、この夏に獲得したロベルト・レヴァンドフスキ、ラフィーニャ、ジュール・クンデもまだラ・リーガに登録されておらず、さらに契約更新をしたセルジ・ロベルトとウスマン・デンベレが登録されていない。

クリステンセンとケシエの状況は若干異なるが、彼らはフリーでバルサに加入したとESPNは理解している。したがって、もし彼らが望めば、移籍マーケットが閉まる前にフリーで退団する権利がある。

情報筋によると、現段階ではジョアン・ラポルタ会長は7人全員の登録が間に合うと楽観論を発信し続けており、表面上はそのような事態になる気配はないが、バルサはシーズン開幕前までに間に合うように悪戦苦闘を強いられている。

最悪の場合、バルセロナは今月末までに選手登録が出来るため、そのような極端な事態に陥ることを避けるために選手の代理人との話し合いを試みるだろうと情報筋はESPNに語った。

バルサは今夏、1億5000万ユーロ以上を費やし、25年間の国内テレビ放映権の25%とバルサ・スタジオの株式24.5%を売却して、6億ユーロ以上を調達している。

あるラ・リーガの関係者はESPNに対し、バルサがすべての新加入選手と契約更新をした選手を登録するにはまだ資金が足りない、と語っているが、一部は今すぐ登録できるかもしれない。これは、契約のコストと組み合わせによるだろう。

そのため、バルサはバルサ・スタジオの株式24.5%をさらに売却し、セルヒオ・ブスケツやジェラール・ピケを含む他の選手との賃金調整の交渉を続けようとしている。

昨シーズン、メンフィス・デパイとエリック・ガルシアが登録できたのは、ピケの賃金カットのおかげであり、ブスケツとアルバも同様に賃金カットを受け入れてくれたおかげで、移籍マーケットが閉まる前にセルヒオ・アグエロと契約することができたのである。

バルサの支出上限は、昨シーズン終了時点でマイナス1億4400万ユーロと、ラ・リーガで唯一のマイナスであり、夏の新戦力をすべて登録するには、大幅な増額が必要となる。

カタルーニャのクラブは、クラブ資産の売却と、今年初めにSpotifyと締結したスポンサー契約により、最終的には全員を登録できるように上限が引き上げられることを望んでいる。

Christensen, Kessie could leave Barca on free
Andreas Christensen and Franck Kessie could leave Barcelona for free if they are not registered before Saturday's LaLiga opener, sources have said.
タイトルとURLをコピーしました