アントニオ・コンテとトーマス・トゥヘルの衝突で何が起きたか?そしてなぜコンテは処分を免れるべきなのか?

この記事は約9分で読めます。

選手たちは今後、チェルシーの試合でテイラーが主審を担当することを心配しているかと聞かれると、ドイツ人はこう答えた。

「ああ、もちろんだ」

「選手もピッチに立てば何が起きているのかわかる。彼らはそれを知っているよ。このようなことがまた起こるってね」

「たぶん、その方が(テイラーが主審をしない方が)いい。その方がいいのかもしれなねい。でも正直なところ、正しい判断を下すためのVARもあるんだ。いつから選手は髪の毛を引っ張られるようになったんだ?いつからそれがファウルでなくなったんだ?」

「もし彼が見なかったとしても、私は彼を責めない。私も見ていない。でも、VARにはこれをチェックする人たちがいる。それなのに、どうしてフリーキックやレッドカードにならないんだ?これはこの場合、主審(テイラー)とは関係ない。もし彼が何かを見ていなければ、決定的なミスが起こっているかどうかをチェックする人(VAR担当)がいるわけだ」

チェルシーが次の日曜日にリーズへ遠征する際、ベンチに入れないことをトゥヘルが告げられると、彼は叫んだ。

「そうかい。いいね。私は監督を務めることはできないが、審判は次の試合で笛を吹くことはできる。そりゃよかったね」

コンテは審判を批判することはなかったが、微妙な判定のほとんどがスパーズに有利なものであったことを認め、トゥヘルの言葉を非難した。

「私は決して、審判の判定について話したことはない。決して、決してだ。これからもそうするよ。他の監督がこのような行動をしているのを見ると、少し腹が立つが、同時に誰もが自分のやりたいことをやろうとするものなんだよ。わかるかい?審判についてコメントしたくないし、イングランドでは審判についてコメントすることはないよ」

このままでは両監督は次の試合で退席処分となる。スタジアムではなく、ベンチ入りのみの禁止であれば、コンテは来週土曜日のウルブズ戦でチームと共に行動し、試合前とハーフタイムにチームトークを行うことが許されるが、その後はトッテナム・ホットスパースタジアムのスタンドに座って試合を観戦しなければならなくなる。

しかし、スパーズは試合終了のホイッスルが吹かれた後、あのレッドカードにクラブが不服を申し立てるに違いない。もし、この2度目の衝突で2人にイエローカードが出されていたら、トッテナムは訴えることができなかっただろうし、訴えることができたとしてもおそらく負けていただろう。しかし、怒鳴りながら手を離そうとしたことに対する「一発レッド」は、処分の対象にはならないようだ。

タイトルとURLをコピーしました