アントニオ・コンテとトーマス・トゥヘルの衝突で何が起きたか?そしてなぜコンテは処分を免れるべきなのか?

この記事は約9分で読めます。

2016年に起こった「バトル・オブ・ザ・ブリッジ」の中心人物の一人であるエリック・ダイアーが状況を落ち着かせるために駆けつけるというのは、ある種の皮肉でもあった。

トゥヘルはすでに、カイ・ハフェルツへのロドリゴ・ベンタンクールのファールで激怒していたが、リプレイではウルグアイ人のタックルがボールにわずかに触れているように見えた。さらにチェルシーの監督はホイヴィアのゴールの際にリシャルリソンがエドゥアール・メンディの視界を遮る位置でオフサイドだったと感じ不満だったようだ。

そのため、77分にリース・ジェームスがチェルシーに先制点をもたらすと、トゥヘルはタッチライン際を大げさにスプリントしてコンテの目の前を通過して、そのゴールを祝福した。

試合の数時間後、コンテは深夜にInstagramのストーリーにその瞬間の写真を投稿し、このようなメッセージを添えた。

「ラッキー、見えなかったよ…その後につまづく(追いつかれる)ことになったのも当然だな」

この投稿には3つの笑い顔の絵文字が添えられていたが、おそらくクラブがレッドカードを不服として訴える可能性もあり、その際の心象を悪くすることにもなりかねず賢明な投稿ではなかったと思われる。

トゥヘルは試合後、審判への非難に焦点を当てたが、これは今後、審判団が責任を追及する際に不利に働くだろう。チェルシー・ファンの中には、テイラーが過去に何度も自分たちのクラブに不利な判定を下してきたと考えている人がいることを、記者会見の席である記者が彼に指摘した。

「一部のファンだけがそう思っているとは思わないし、ドレッシングルームの全員もそう思っている。最初のゴールがオフサイドでないことも理解できないし、選手が髪の毛を引っ張られ、その選手がピッチに残っていることも理解できない。他人の髪を引っ張り、(退場にならずに)ピッチに残り、最後のコーナーに参加していた」

「これについて何の説明もない状況で、私は受け入れたくないね。我々は素晴らしかったし、勝利に値したのだから、勝利こそが相応しかった。これが私の見解だよ」

タイトルとURLをコピーしました