アントニオ・コンテとトーマス・トゥヘルの衝突で何が起きたか?そしてなぜコンテは処分を免れるべきなのか?

この記事は約9分で読めます。

チェルシーとスパーズの両ヘッドコーチは、タッチラインでの態度が非常に似ており、ベンチの前ではどちらも活力にあふれていて、前半にはコンテがトッテナムの選手たちに「落ち着け」と狂ったように叫ぶという、偽善的な光景もあった。

もう一方のベンチでは、チェルシーのコーチング・スタッフがトゥヘルを第4審判から引き離し、ファウルを与えたり与えなかったりするたびに、彼の叫び声があまりに激しいので、その監視役のようなスタッフを置いていたほどである。

後半途中の両監督のゴールセレブレーションは、この2人の情熱と、おそらく情けなさを要約している。コンテは68分のピエール・エミール・ホイヴィアのゴールを、コーチングスタッフと抱き合い、咆哮しながら左手に拳を振り上げ、チェルシーのベンチの方に向かってそのポーズをしたことで、トゥヘルは異を唱えていた。

このイタリア人は、実はブルースのベンチ裏のその先のコーナーにいるトッテナム・ファンに向けてセレブレーションをしていたという指摘もある。しかし、怒ったトゥヘルがコンテに近づくと、確かに彼の方に向かって拳を突き上げ続けたように見える動きをして、それから両者は衝突した後、イエローカードを受けた。

タイトルとURLをコピーしました