アントニオ・コンテとトーマス・トゥヘルの衝突で何が起きたか?そしてなぜコンテは処分を免れるべきなのか?

この記事は約9分で読めます。

スパーズはコンテがレッドカードを受けたことを不服とし、その場でトゥヘルに対して手を離せと叫んだ以外、何も悪いことはしていないとしている。コンテはチェルシーの選手に対して攻撃的に怒鳴ったことは認めたが、そこで肉体的な接触はなかったという。

「正直なところ、審判は私にレッドカードを出したが、彼は起こったことのダイナミズムを理解していなかったよ。でも、OK、私は受け入れなければならないね。繰り返すが大きな問題ではない。重要なことではないよ。問題は私と相手の監督との間であって、他人には関係ないんだ」

「正直なところ、私はまたやり合うつもりはないが、何が起こったのかを理解するためにビデオがあるのは確かだ。確かに私は受け身でいるような男ではない。アグレッシブさが見えたら、アグレッシブさで答えるが、それは問題ではないだろう。最も重要なことは、この試合が、大きなライバル関係にある2つのチームとの素晴らしい試合であったということだ」

レッドカードの後、激怒したコンテはマテオ・コバチッチを押しのけてピッチを去り、その後のトンネルでは両者の間にさらなる激しい対立があったことが分かっている。

試合後の記者会見で最初に姿を現したのはトゥヘルであり、あるジャーナリストは彼の前のテーブルに音声レコーダーを置きながらこう言った。

「握手しようと思うんだけど……」

すると、ドイツ人監督はシャツの袖から右上腕二頭筋を露出させ、自分の言い分を説明した。

「私はただ、フィールド上でちょっとした喧嘩をした2人の選手に例えただけで、何も起きないんだよ。ハードタックルでもフェアタックルでも、謝りに行こうがどうしようが、誰も怪我をしていない、選手にその必要はないんだ」

「プレミアリーグのフットボールで、今日2人の監督がああなったのは、2人とも自分のチームのために戦っていたからだ。誰も侮辱をし合うこともなく、怪我もなく、殴り合いもしなかった」

「私にとっては、大したことではないんだよ。今日もその一部で、もちろん激昂し、我々を取り上げられるだろう。どちらも悪いことをしていない。これもフットボールの一部だよ」

タイトルとURLをコピーしました