リッチーのためにホイヴィアが激怒、リッチー&ロメロでソンを守る – トッテナム対セビージャの5つの注目ポイント

この記事は約5分で読めます。

この25歳の選手は、ハーフタイムのホイッスルが鳴った数秒後にも、この韓国人と対峙した。両軍の選手たちがすぐにその現場に駆けつけ、押し問答になったが、リシャルリソンがソンを乱闘から遠ざけた。

ロメロはその後、アルゼンチン代表のモンティエルに近づき、代表の同僚をなだめながら一緒にピッチを後にし、事態の収拾に一役買った。過去に敵としてバチバチにやりあったロメロとリシャルリソンは、これからトッテナムで一緒にプレーすることになるが、水原での一触即発の事態を食い止めるために完璧にコンビネーションを見せた。

ペリシッチのプレーは先送りに

ペリシッチは、トッテナムの韓国ツアー中に親善試合でプレーすることが叶わなかったため、トッテナムでのデビューをもう一週間待たなければならない。インテル・ミラノでの最後の試合でふくらはぎを痛め、それ以来、このクロアチア人はフィットネスを取り戻すために努力してきた。

ツアーの当初は、トレーニング中に新しいチームメイトとフィットネスを行うだけだったが、金曜日からこの経験豊富な選手はメニューを強化し、チームメイトたちとボールワークを行うようになった。ペリシッチはセビージャ戦の前にピッチに立ち、ブライアン・ヒルやパペ・マタル・サールと一緒にボールを使っている姿が目撃された。

公式の登録メンバー表では交代要員として名前が載っていたものの、スパーズは彼のフィットネスを管理し続けており、結局、ペリシッチは試合には出場していない。しかし、ペリシッチは順調に回復しており、近いうちにスパーズで試合に出場することができるだろう。

Richarlison and Cristian Romero team up for Son in half-time incident
Here we take a look at five things we spotted in Tottenham's 1-1 pre-season friendly draw against Sevilla at Suwon World Cup Stadium
タイトルとURLをコピーしました