トッテナム・ホットスパーのプレシーズンの韓国ツアーに隠されたビジネスとは? [Forbes]

この記事は約5分で読めます。

プレシーズンの海外遠征は選手にとって厳しいものだが、プレミアリーグがスター選手に高い年俸と移籍金を払えるのは、その商業的価値のおかげでもある。しかし、その収入はユニフォームの売り上げだけではない。2012年、上海で行われたプレシーズンマッチは、マンチェスター・ユナイテッドがシボレー社との世界記録となるスポンサー契約を結ぶきっかけとなった。

今、韓国にいる潜在的なスポンサーは、トッテナムと同じように感じているかもしれない。クーパン・プレーシリーズ(Coupang Play Series)と名付けられたこのツアーは、Amazonに対抗する韓国のインターネット小売業の大手Coupangがスポンサーとなっている。

Coupangは、「Amazonプライム」に似たオンデマンド・ストリーミングサービスである「Coupang Play」の加入者を増やすために、この試合を利用したのである。試合のチケットは「Coupang Play」のアプリからしか購入できず、韓国で試合を見る唯一の方法でもあったため、ファンは少なくとも1ヶ月の無料体験のためにサインアップすることを余儀なくされた。チケットは6月に発売され、その月に「Coupang Play」の月間アクティブ・ユーザー数は過去最高を記録した。

スパーズの主要スポンサーであるAIAも、このツアーを利用して韓国市場に進出しており、AIAの韓国の顧客と個人的なメッセージを共有できる「AIソニー」と呼ばれるソン・フンミンの人工知能版を展示している。また、AIAは、このプレシーズンツアーの試合のチケットが当たるチャンスを顧客データ収集の手段として活用しており、水原のスタジアム外の試合スタンドには、ファンパークを取り囲むように行列ができたそうだ。

タイトルとURLをコピーしました