トッテナムでの生活を楽しんでいるように見えるアントニオ・コンテに笑顔が絶えない

この記事は約4分で読めます。

同様に、ソウルでの試合中に彼の姿がスクリーンに映し出されると、観客は歓喜の声をあげた。その直前までコンテはコーチ陣と深く語り合っていたが、観客の声を聞くとポーズをとって顔を上げ、微笑んで手を振った。たった一度だけだが…。次に同じような場面が訪れると、彼はそれに気づいても無視し、コーチ陣との議論に没頭した。そして、観客の声援は次も繰り返され…あきらめるまで続いた。

コンテは目を輝かせて戻ってきたが、その態度はきびきびとしたビジネスライクなものだった。時間を無駄にしないその姿勢が周囲に伝わったのだろう。選手たちがリラックスできる時間はほとんどない。トレーニングの合間には、韓国の街に出かけ、サインをしたり、写真撮影に応じたりして、現地のファンの心をつかんでいる。

土曜日のセビージャ戦が激しいフィジカル・チャレンジの応酬になったとき、コンテは、選手たちが疲労しているときの厳しいフィジカル・テストになることを望んでいたと語った。「疲れている時こそ、選手たちはその困難の中で結束し合い協力しなければならない」と。

タイトルとURLをコピーしました