アントニオ・コンテのマスタープランには無かった新たなパートナーシップを発見

この記事は約3分で読めます。

2月以降にドハティがゴールとアシストで貢献し始めた以外は、トッテナムはウイングバックのポジションからあまり戦果を得ることができず、この夏のコンテとファビオ・パラティチの優先補強ターゲットになることは当然だった。ジェド・スペンスとペリシッチが加入したことで、イタリア人はトッテナムのシステムを機能させるために、まさに望んでいた戦力を手に入れることができた。

ドハティとペリシッチは、ローマ戦ではチームメイトとうまく連係し、ゴールを狙い、いくつかの有望なポジショニングを見つけるなど、信じられないほど高いパフォーマンスを発揮した。しかし、右サイドと左サイドのセンターバックは、もともとは攻撃面であまり期待されていないパートナーシップである。

ロメロとレングレのプレーは、コンテとコーチングスタッフを大いに喜ばせ、シーズン後半に起こりうることを予感させるものであった。今後、プレミアリーグやチャンピオンズリーグでこのポジションからゴールを決めることができれば、非常に印象的でユニークな武器になるだろう。

Romero and Lenglet combination highlights a different threat in Conte's Spurs XI
Tottenham's final pre-season friendly of the summer ended in defeat as Roma sealed a 1-0 win over Antonio Conte's men in Israel
タイトルとURLをコピーしました