血気盛んで、熱狂的なアントニオ・コンテの明晰さがスパーズでのタイトル挑戦の可能性を生み出している [Times]

この記事は約6分で読めます。

コンテは昨シーズン終了後、パラティチから少なくとも6つのポジションでチーム戦力を改善できると確約を得ており、現在の移籍マーケットで進められていることは、事前に考え抜かれたプログラムの一部である。次のターゲットは、左センターバック、右ウイングバック、フォワードだ。センターバックはアレッサンドロ・バストーニ、パウ・トーレス、ヨスコ・グヴァルディオール、右ウイングバックはジェド・スペンス、フォワードはリシャルリソンとラフィーニャがパラティチの補強リストの上位に挙がっている。

エリクセンをフリーで呼び戻すという衝撃も起こりうる。デンマーク人は休暇中に自分の将来を考え、マンチェスター・ユナイテッドやスパーズへの移籍、またはブレントフォード残留から選択することになる。スパーズはユナイテッドと違って、チャンピオンズリーグ出場権があり、ロンドンでの生活を続けることもできる。

同じ移籍マーケットで多数の新戦力を獲得すると、常にサポーターを興奮させるが、重要な危険としてチームの結束と集中力を台無しにする懸念がある。しかし、コンテの場合は、彼自身の熱意がチーム全体に伝わっていくので、そのリスクは少ないように思える。ピルロは、ユーベでの初タイトルについて「全ては彼(コンテ)のおかげだ。毎日、目の前にあるものを手本にすれば、これ以外の道はないよ。コンテはまるで憑かれたようだったね」と振り返った。

この補強のプログラムにおいて、スパーズを傘下に持つ投資会社ENICが1億5千万ポンドを増資したことにより、コンテの血気盛んな性格がドレッシングルームだけでなくオーナーをも引っ張る力を持っていることが証明された。

マンチェスター・シティとリバプールには遠く及ばないが、来シーズンのプレミアリーグ3位の座をめぐる争いは注目に値するだろう。スパーズがコンテのもとでのチームの強化を着々と進めるなかで、チェルシーはクラブの再建を迫られ、新オーナーのトッド・ベーリーはすでにファイナンシャル・フェアプレーについて話し、クラブ運営がかつてのようにはいかないことを示唆している。

Bloody-minded, fervent . . . but Antonio Conte’s clarity is shaping a potential title challenge at Spurs
It was 11 summers ago that a team who had just finished seventh in their division picked up a 32-year-old midfielder on a free transfer. Nobody disputed the abi
タイトルとURLをコピーしました