血気盛んで、熱狂的なアントニオ・コンテの明晰さがスパーズでのタイトル挑戦の可能性を生み出している [Times]

この記事は約6分で読めます。

そして、今夏の移籍マーケットに突入する。イヴ・ビスマは自らを昨シーズのプレミアリーグ最高ミッドフィルダーと称していたがピルロではなく、ハイエナジーな競争力と狡猾さが混在するコンテのフットサルでプレーするには、まさにうってつけの選手である。ブライトン&ホーヴ・アルビオンでは、プレス、ドリブル、パスにおいてリーグで最も効果的なミッドフィルダーだった。トランジションで効果を発揮するときにはうってつけで、2016年にコンテがチェルシーで指導を開始した時のエンゴロ・カンテの補強に近いものがある。

さらに、ブライトン時代のグラハム・ポッターのもとでビスマは、コンテの3-4-3に近いシステムで多くの時間をプレーしており、25歳にして2500万ポンド+出来高という低めの移籍金は、ライバルクラブたちを驚かせたと言われている。抜け目のない、卓越した移籍劇であった。

フレイザー・フォースターは控えゴールキーパーとして、またイヴァン・ペリシッチは33歳ながら、2021-22シーズンのインテルで左のウィングバックとして8ゴール、7アシストと、疲れを知らない活躍を披露した。このポジションはコンテがアップグレードを切望していたポジションであり、スクデットを獲得したインテルのチーム戦力を構築する中でこのクロアチア人をウイングバックにコンバートしたのはコンテだった。2018年ワールドカップのイングランド戦で誰もが目の当たりにしたように、ペリシッチは違いを生み出すビッグ・プレーヤーのメンタリティももたらしてくれる。こちらも賢明で卓越した補強である。

ピルロがユベントスにやってきたのと同じ夏に加入したアルトゥーロ・ビダル、ミルコ・ヴチニッチ、ステファン・リヒトシュタイナーも影響力のある選手であることが証明された。カンテの他に、コンテはダビド・ルイスとマルコス・アロンソを獲得し、この3人はチェルシーの2016-17シーズンのタイトル獲得に大きな役割を果たした。インテルでは、ロメル・ルカク、クリスチャン・エリクセン、ニコロ・バレッラが、コンテの1年目に極めて重要な役割を担う選手として引き抜かれた。

タイトルとURLをコピーしました