フットボール選手は審判に敬意を示せ – 負の連鎖を生む審判の供給不足

この記事は約6分で読めます。

プレミアリーグからミニ・サッカーまで、審判は他の誰も経験したことのないレベルの説明責任と基準を要求される。センターバックのお粗末なシュート・ミスが笑い飛ばされる一方で、少しでもミスがあれば、何人もの人が、しばし大声で、攻撃的に、納得いかない判定であると主張してくるのだ。パス・ミスはチームメイトの間で話題になるかもしれないが、すぐに忘れ去られる。監督が不適切な交代を行ったとしても、そのことに気づかないかもしれない。しかし、審判はどんなレベルであれ、完璧であることが求められている。

最近、15歳以下のあるチームの監督が、自分のチームの試合の審判が親が罵声を浴びせたことで、警告を受けたと話してくれた。チームのWhatsAppグループ(日本でいうLineグループ)で、親たちは審判の判定に関するコメントや個人に向けた侮辱を共有し始め、そのほとんどに4文字のFワードが含まれていた。試合後、親たちはその審判がチャンピオンシップの審判で、怪我から回復するまでの間、地元のチームを助けるために審判をしていたことを知った。イングランド・フットボールの2部リーグに所属するプロの常勤審判が、ジュニアの試合でこのような扱いを受けるとしたら、これからフットボールを始める少年少女にどんな希望があるというのだろう。

地方のFA(フットボール協会)は、問題を知らされたときに対処する責任があるが、それだけでは不十分で、これからはクラブ自身が行動することによって、根本から変えなければならない。監督、クラブ職員、クラブ役員は、選手、保護者、ファンによる劣悪な行為に異議を唱えなければならない。選手は、スローインの受け方や新しいセットプレーを学ぶのと同じように、審判を尊重するよう明確に教えなければならない。クラブは、保護者が審判を罵倒するような場合には、試合会場での一時的な入場禁止措置を取るべきである。また、審判の気性が荒く、他の審判の手本とならないような審判は、その職を解かなければならない。

リーグ役員もまた、過去に問題が起きた試合に出席し、審判の行動をサポートすることでその役割を果たすことができる。すでに多くのチームが、現在の審判不足の状況に乗じて、素行の悪いチームは審判を指名する際に順番を後回しにされるといった効果的なルールを導入している。

審判自身も、自由に使えるアイテムを用いて、適切に行動する責任がある。草の根のフットボールでのシンビン(一時的な退場処分)の導入は成功を収めており、2017年に一時的な退場が導入されて以来、選手の判定に対する反論は38%減少している。適切な場合には選手に対して警告、注意、退場を使い、監督には期待することを毅然と、しかし公平に伝え、傍観者からの誹謗中傷はリーグやFAに報告されるようにしなければならない。 

しかし、多くの場合、審判が受けた仕打ちに十分な対処をしないことを責めることはできない。誹謗中傷に対処すると、審判はさらなる誹謗中傷を受けることになるため、見て見ぬふりをし、頭を低くして、ただ試合を乗り切ろうとすることが多いのである。だがそれを何度も繰り返せば、他の何千人もの同士たちとともに、笛を吹くのを辞める日が訪れるのである。

タイトルとURLをコピーしました