/オリヴァー・スキップ:あの失点は、僕も含めてもっと良い対応ができたはずだった [Spurs Official]

オリヴァー・スキップ:あの失点は、僕も含めてもっと良い対応ができたはずだった [Spurs Official]

日曜日のロンドン・スタジアムでの苦い敗戦の後、オリヴァー・スキップは、試合を決定づけた瞬間について正直な評価を語った。

前半は、何度か均衡を破る可能性があるチャンスが生まれたが、試合時間が残り18分となったところで、コーナーキックからミカイル・アントニオがゴールを決めてハマーズが先制。スパーズは、プレミアリーグでは3試合ぶり、今シーズンでは4試合目の敗戦となったが、そのすべてがロンドン・ダービーだった。

スキッピーはいつものように中盤でハードワークしていたが、ハマーズが先制し、優勢に立ったことに自責の念に駆られた。

「あのようなかたちで失点をしてしまって僕らは本当にがっかりだったよ。試合前から相手がセットプレーに長けていることは分かっていたし、あのゴールの場面ではもっと良い対応ができたはずだった。僕を含めてね」

「両チームともにチャンスは少なかったと思うけど、特に前半は僕らが主導権を握っていたと思う。相手はスピードを生かして何度かカウンターを仕掛けてきたけど、あのゴールは残念だったし、僕らはこの点を改善する必要があるね」

水曜日の夜(現地時間19時45分)にはカラバオ・カップでバーンリーと対戦し、土曜日(現地時間17時30分)にはプレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドを迎え撃つことになっている。

「振り返ってみると、もっとうまくやれるところがあると思うよ」

「ポゼションを高めていたけど、ストライカー(ケイン)に十分なだけのパスを供給できなかったんだろう…取り組むべきことはたくさんあるよ」