/ディラン・マーカンデイ:トップチーム・デビューを果たした誇り [Spurs Official]

ディラン・マーカンデイ:トップチーム・デビューを果たした誇り [Spurs Official]

ディラン・マーカンデイは、2月に行われたヨーロッパリーグのホームレグ、ヴォルフスベルガーAC戦で初めてトップ・チームのベンチ入りを果たし、それから何度かヨーロッパの舞台でベンチ入りを経験。9月のクリスタルパレス戦では初めてプレミアリーグの招集メンバーに加わった。そしてついに、同じく若手ストライカーのデイン・スカーレットに代わってアーヘムの地でトップチームの一員としてピッチに立ったのだ。

今シーズン、U-23スパーズで何度も9番をつけてプレーし、ゴールを決めてきた彼は、ヘルレドームでゴールを目指して、そのまま前線に入った。

「出場を告げられたときは少し緊張したけど、その緊張はすぐに興奮に変わったね。とにかくチームのためにピッチの上で自分のベストを尽くしたいと思ったよ」

ディランの弟のリシは熱心なクリケット選手で、アカデミーの試合の日には、両親とともにスタンドで兄を応援している。

「特に相手のセンターバックのフィジカルが凄かったから大変だったけど、チームを助けるために全力を出し切らなければならなかった」

「これからも努力を続けて、成長を続けたいね。努力すること、自分を信じることが大切で、今後もチャンスが訪れることを期待しているよ」