/ディラン・マーカンデイ:トップチーム・デビューを果たした誇り [Spurs Official]

ディラン・マーカンデイ:トップチーム・デビューを果たした誇り [Spurs Official]

木曜日の夜、フィテッセ戦でトップチーム・デビューを果たしたディラン・マーカンデイは、「信じられない気持ちだ」と語った。

この20歳の攻撃的ミッドフィルダーは、ヨーロッパ・カンファレンスリーグのグループ・ステージで初の敗戦を喫したオランダの厳しい夜の終盤の15分にプレーした。

結果はさておき、ディランの初出場は個人的にも重要な節目となったが、同時に、アジア系英国人として、またインド系の選手として、男子トップチームの公式戦に出場した初めての選手として、クラブの歴史に名を刻むことになった。

当然のことながら、彼はこのような道を切り開くことができたことを誇りに思っている。バーネット出身で、クラブの最年少のレベルであるU-11スパーズでの出場経験があるアカデミー出身のディランは語った。

「正直なところ、大きな意味があるんだよ。クラブ初の選手になれたことは素晴らしいけど、それ以上に、アジア系の若いフットボーラーたちが自分の夢を追いかけるきっかけになればと思っているよ」

「小さい頃から夢見ていた、この偉大なクラブでデビューできたことは、僕にとって信じられない気持ちだったよ。デビューを実現させることができてたのは、特別な感情を抱かせるし、僕と僕の家族が誇りに感じているよ」

「僕を信頼してくれた監督に感謝しているよ。それと、これまでの僕の人生において、良い時も悪い時も共に歩んできた親しい家族や友人にも感謝だね。彼らのサポートは素晴らしかったし、僕は幸運だと思っているよ。それに、アカデミーのスタッフたち…12歳のときから僕を知っている人もいれば、最近からの人もいるけど、彼らは皆、このクラブにすべてを捧げ、日々、若手選手の上達を助けてくれているんだ。最終的には、このような瞬間が訪れる日のために、僕のような選手は、トップチームの一員になるために、前進することができるんだよ」

ディランが我々クラブの歴史を作ったのは、木曜日の夜が初めてではない。2019年3月、我々クラブの新しいスタジアムで行われた最初の試合で、U-18スパーズがサウサンプトンに勝利し、その試合の先制ゴールを決めたのがディランであり、ここ数ヶ月間は、U-23スパーズで素晴らしい活躍をしている。プレシーズンでの5ゴールに続き、これまでのリーグ戦7試合で6ゴールを決め、7月以降は2度のハットトリックを達成し、2021年に入ってからプレミアリーグ2の月間最優秀選手に2度ノミネートされている。