/エリック・ダイアー:シーズンが進むにつれてもっともっと調子を上げていこう [SpursOfficial]

エリック・ダイアー:シーズンが進むにつれてもっともっと調子を上げていこう [SpursOfficial]

エリック・ダイアーにとって、インターナショナル・ブレイクをクラブで過ごすのは、最近になって経験したことだ。

27歳までにイングランド代表として45キャップを獲得し、5試合でキャプテンを務め、2018年のロシアでのワールドカップで準決勝に進出した際には、ベスト16のコロンビア戦でPK戦の最後のキッカーとして勝利を決めたこのディフェンダーは、2015年11月の初キャップから直近の昨年11月まで、ほぼすべてのインターナショナル・ブレークをイングランド代表で過ごしていた。

https://tot-tmp.azureedge.net/media/42589/eric-dier-colombia-penalty.jpg

5年間、スリー・ライオンズを引っ張ってきたエリックは、当然、ギャレス・サウスゲート監督のチーム構想に加わることを望んでいたが、現在のように代表に招集されないことにどう対処したのだろうか?

「ハッピーじゃないよ。そうに決まってるだろ!」

「でも、インターナショナル・ブレークの前の試合で勝てたことは、チームの雰囲気を良くするためにとても重要なことだ。そうでなければ、この2週間もの長い間、挽回の機会を待たなければならないからね。良かったよ」

「僕にとっては、もっと上達したいと思っていることに取り組むチャンスでもあるんだ。あと、フィットネスの向上にも役立つね。それに休息の機会にもなる。これまでいっぱいゴルフやトレーニングに時間を使ってきた。ただ座っているだけの時間ではないんだよ。3日ごとに試合があるシーズン中の日程のなかでは難しいことだけど、より多くのことに専念するチャンスだと思ってるよ」

2014年8月にスパーズに加入して以来、エリックは全公式戦で287試合に出場している経験豊富な選手の一人だ。そんなエリックに今シーズンのこれまでを振り返ってもらった…。

https://tot-tmp.azureedge.net/media/42588/eric-dier-training-sept-2021.jpg