/ヌーノ・エスピルト・サント:コルチェスター・ユナイテッド戦の後のインタビュー [Spurs Official]

ヌーノ・エスピルト・サント:コルチェスター・ユナイテッド戦の後のインタビュー [Spurs Official]

水曜日の夜に行われたコルチェスター・ユナイテッドとの3-0の勝利をおさめたプレシーズンのフレンドリーマッチで、ヌーノ・エスピリト・サントはたくさんのポジティブな要素を見出した。

特に前半は、デレ、ルーカス、ステーフェン・ベルフワイン、ソン・フンミンの前線4人がUs(ユーズ)に襲い掛かった。負傷から復帰した先発のオリヴァー・スキップも、後半に出場したジャフェト・タンガンガも印象的だった。

11分、今夏初出場のソニーが先制点を挙げ、すぐさま今度はソニーのコーナーキックにルーカスがニアで頭で合わせてゴールに押し込んだ。さらに続けてソニーのアシストからデレが押し込んで、ハーフタイムまでに3点をリードしたスパーズ。

土曜日のレイトン・オリエントとのフレンドリーマッチを1-1で終え、続く2戦目のコルチェスター・ユナイテッド戦で、スキッピーとジャフェトが負傷から復帰したことを喜ぶヌーノは、次のように試合を振り返っている。

鍛錬を続け、より速く、より強くなることが重要だ。それがすべてだよ

「アイデアとテンポとインテンシティ(プレーの強度)、それと試合のリズムが良かったね。選手たちは本当にハードにやってくれたし、ハードワークこそが一番のポイントだよ」