/アントニオ・コンテのブレントフォード戦の評価 [SpursOfficial]

アントニオ・コンテのブレントフォード戦の評価 [SpursOfficial]

アントニオ・コンテは、木曜日の夜にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたプレミアリーグのブレントフォード戦で2-0の勝利をおさめた後、相手の空中戦の脅威に直面しながらも発揮された、選手たちの激しいプレーと守備の踏ん張りを強調した。

12分にセルジ・カノスがベン・デイヴィスとの競り合いのプレッシャーによってオウンゴールを記録すると、65分にはソン・フンミンが見事なカウンター・アタックからセルヒオ・レギロンのクロスをゴールに叩き込み、勝ち点3を獲得した。後半、あらゆる角度からボールがスパーズのゴール前に放り込まれる中で、常に主導権を握り、気丈に守っていた守備陣。特にウーゴ・ロリスが何度もパンチングをクリアする姿が目を引き、スパーズはしっかりと守り抜いた。

試合後にアントニオは次のようにコメントした。

「選手たちにおめでとうと言いたい」

「組織力があり、セットプレーやスローインに強く、何が起こっても不思議ではない、非常に危険なチームに勝つことができたんだ。相手は強く、とても背が高いが、守備面でも大きな注意を払っていたので満足しているよ。良かったと思う。ウーゴはこのような状況下で素晴らしい個性を発揮してくれたね」

「我々は、勝ち点3を得たいという強い願望を持ち、大切なクリーンシートで試合を終えるために、良いパフォーマンスをしたね。最終的なスコアをより良くするためのチャンスを逃してしまったが、チャンスを作ることが重要であり、我々のパフォーマンスと相手のボックス内での脅威となるプレーはこれから改善することができると思うよ」