/2019年6月期の決算発表後のダニエル・レヴィ会長のメッセージ

2019年6月期の決算発表後のダニエル・レヴィ会長のメッセージ

「私たちは、多くの個人や企業が不安を抱え、困難な時期に直面しているなかで、前期の決算発表に皆様の気を引くことがまったく不適切であると痛感しています。それでも、この発表は法的な要件として2020年3月31日までに発表する必要がありました」

「私たちは皆、仕事と私生活の両方で先行きが不透明な状況に直面しています。私はこのクラブを20年ほど成長させてきましたが、その過程で多くのハードルがあっものの、今回のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックは最も深刻であり、この規模のハードルは経験したことがありません」

「これから必要に応じてすべてのファン対応のクラブ業務を停止していくことになります。このような先行きの不透明感のなかで、この危機の影響がクラブの将来の安定性を損なうことのないように、私たち全員が協力し合う必要があります。そのためにはより広くフットボール界やその関係者と協力して今シーズンの再開を模索することが含まれますが、それも安全で現実的な場合に限られてしまいます」

「私たちの優先事項は、クラブのスタッフ、選手、パートナー、サポーターの皆様とそのご家族の健康と安心です」

「私たちはこれまで以上に強く、これまで以上に回復力をもって、この苦境から抜け出そうと努力をしなければなりません。私たちの希望は、ウイルスが今後数週間でピークに達し、その先に私たちが夏を楽しむことができるようになることです」

「皆様におかれましては、まず体調の管理を優先し、安全と健康を保ってください。それはフットボールよりも重要なことなのです」