/トビー・アルデルヴァイレルト:僕らの根性や情熱、それと『貪欲さ』を誇示できた

トビー・アルデルヴァイレルト:僕らの根性や情熱、それと『貪欲さ』を誇示できた

「信じられないような気持ちだよ。ソニーからの素晴らしいコーナーだったし、ボールをうまくヘディングできたのはラッキーだったね。残念なことに、一緒にゴールを祝うファンがいなかったけど、とても嬉しいよ」

「僕らはとてもに良い試合のスタートを切ったと思ってたけど、あれから(失点から)僕らは根性をみせなければならなかった。いろいろと否定的な意見が出ているのは知ってるけど、今日は僕らの根性や情熱、それと『貪欲さ』を誇示できたね」

「周りのみんなは、僕らがどれだけの情熱を持って毎日練習グラウンドに来て、改善しようとしているのかを見ていないんだ。今日は、相手のゴールがとても良かったけど、僕らはすぐに追いついて、勝ち点3を手に入れようとする前向きな姿勢を見せたよね」

6位と7位のウルブズ、シェフィールド・ユナイテッドとの熾烈な順位争いが続くなかで今シーズンは残り3試合となっている。水曜日のニューカッスル戦、日曜日のホーム最終戦となるレスター戦を戦い、そしてその1週間後の7月26日(日)にシーズン最終節でパレス戦を戦う。

「守備の面では、僕らはかなり改善しているし、そこも大きいね。ボーンマス戦では相手ゴールに迫ってシュートを打てなかったという批判があったけど、今日は9本のシュートを打てたし、ポストに当たったシュートもあったからね」

「チームの勢いが必要だし、運も必要だし、僕らにできることはハードワークをすることだけだ。僕は心血を注いでるし、みんなで一生懸命に取り組んでいる。今日のような試合ができれば、とてもポジティブなことだよ」