/トビー・アルデルヴァイレルト:僕らの根性や情熱、それと『貪欲さ』を誇示できた

トビー・アルデルヴァイレルト:僕らの根性や情熱、それと『貪欲さ』を誇示できた

ノースロンドン・ダービーで得点することの意味を熟知するトビー・アルデルヴァイレルトは、今回、それが決勝ゴールとなればどれほどのものかを知ることとなった。

このベルギー代表ディフェンダーは、スパーズでの5年間で198試合に出場し、このダービーの意味をよく理解している。最初のダービーでの自身のゴールは、スパーズ加入のシーズンである2015-16シーズン。トビーのプレミアリーグでの最初の4ゴールはシティ、アーセナル、ウェストハム、そしてユナイテッドといずれも劣らぬビッグゲームだった。

前半、アレクサンドル・ラカゼットのゴールでアーセナルが先制し、直後にソニーが同点ゴールを決めた今回のノースロンドン・ダービー。そして試合が残り9分となったところでにソン・フンミンのコーナーからトビーが頭でゴールを奪い、2-1での勝利を決定づけた。

【ギャラリー】トビーの決勝ゴール