/ジェドソン・フェルナンデス:これは僕が受け入れたファンタスティックなチャレンジ

ジェドソン・フェルナンデス:これは僕が受け入れたファンタスティックなチャレンジ

ジェドソン・フェルナンデスは、すでにノースロンドンの居心地の良さを感じている。

ベンフィカからの新しくローン契約で加入したジェドソンは、すでに新しいスタジアムに恋している。そしてポルトガルで生まれ育ったにもかかわらず、家族はすでにロンドンに住んでいたのだ。

21歳のミッドフィルダーは、新たなクラブにやってきた興奮について、そして、ポルトガル代表での2キャップやベンフィカでプリメイラ・リーガのタイトルを獲った経験について、さらに自身よりも早くロンドンに住んでいる両親や兄弟をはじめとする親族についてを語ってくれた。

「今日ここに来られてとても嬉しいよ。夢を現実になったね。僕にとって、この大きなクラブに来ることは大きな夢だ。毎日、すべてのトレーニング・セッション、すべての試合で、クラブのためにベストを尽くすよう努めるよ。そして、このユニフォームのために毎日頑張って、チームにできる限り貢献するよ」

「スタジアムについては言葉がないね。僕はこんな凄いスタジアムを見たことがない。本当にアンビリーバブルだよ!」

「トレーニング場も素晴らしいね。今日、出会った人たちも素晴らしいよ。僕は何試合かを観てるからチームのことを知ってるんだ。ムサ・シソコのようなお手本となる選手がいる。エリック・ダイアーはポルトガルでプレーしていたことを知っているよ。スタッフ(アシスタント・ヘッドコーチのジョアン・サクラメント、ゴールキーパー・コーチのヌノ・サントス)についても、昨年、僕の友人がリールでプレーしてたから、彼らについて少し話をしたことがあるんだ」

「これは僕が受け入れたファンタスティックなチャレンジで、自分のチャレンジに勝たなければならない。良い成果を出したいね。見ててくれよ!」

通常、選手が国外からスパーズに加入するとき、その家族は選手よりも後にやってくるものだ。しかし、ジェドソンはとても珍しいケースで、その逆であった。すでに彼の最愛の人たちはロンドンに住んでいて、彼はこれから彼らと再会するのだ!