/マシュー・テイラー、ライアン・メイソンらがアカデミーコーチに就任

マシュー・テイラー、ライアン・メイソンらがアカデミーコーチに就任

 

クリス・ライリーは、スポーツサイエンスのインターンとして、何年も前にクラブに戻り、見習いから今では若き専門家として、U-18世代のフィットネスコーチに就任していました。彼は、コーチングライセンス取得に向けた努力をしながら、現在の役割からクラブのコーチングチームを支えることになります。

同僚のトロイはアカデミー出身で、昨年に暫定コーチとしてクラブに戻っています。プロ選手としても、エクセター・シティ、スウィンドン・タウン、カーライルユナイテッドといったクラブでのキャリアをもっています。今では、正式な職位に移り、若い選手たちへの指導を続けるが、加えて、U-18からU-23世代といった、より年齢の高い選手たちに対しても、成長を育む役割を果たしていくことになります。

アカデミーのヘッドコーチおよび育成担当のトップを務めるジョン・マクダーモットはこの新たな就任に対して、以下のように述べています。

「常に私たちは、試合では最高のレベルを求められるということを熟知しているスタッフたちをうまくミックスしていくことに努めてきました。また、内外問わずにその豊富な経験を組み込んでいくことも重要です。引退して間もなくコーチとなり、現代の選手たちや監督と行動を共にして、アカデミーレベルのみならずプロのフットボールの世界に身を投じ続けている元選手から、姿勢やパフォーマンスといった面で実際の試合が要求することがどんなものであるか、知識や経験といった英知を注ぎ込むということです。」

「このスタッフ5名すべてが、このクラブでは若い選手からよりシニアな選手たちまで、要求されるレベルが信じられないほど高いということをよく理解しています。そして、彼らは我々クラブの若い選手たちから最大限を引き出して、最高の選手へと育て上げるという非常に貴重な役割に就くことになります。5名のうち4名は、ここで何年もの時間を過ごしており、このクラブがどのように機能しているかをよく知っています。マシューだけが、全くの新顔として我らの仲間に加わってくれましたが、だからこそ彼の経験は選手たちにとって、また全く新しい価値をもつものになるでしょうね。」